JOmonjin

〜教育・吹奏楽・ミニマリスト・幸福論〜

YOASOBIが人気になる理由

YOASOBIさん、今本当に人気ですよね。

自分もはまってます。笑

なんであんなに人気なんだろう、と最近疑問に思い始めました。

そんなこんなで、今日はヨアソビさんの人気の秘密について、自分なりに分析していきたいと思います。

 

1 いくらさんの声が魅力的

声がすごく柔らかく聞こえます。ある意味みなさんが安心する声なのだと思います。

特に若い世代にとっては「かわいい」声でもあると思います。声が魅力的かどうかは歌手にとって最重要ですので、この点に関しては異論はないと思います。

 

2 音数が多い

曲を作っいてるアヤセせんは、もともとボカロを作っていたようですので、このような音の数が多い作曲はお手の物なのだと思います。声の美しさも大事ですが、切迫感であったり、疾走感があるのは音数に比例すると思います。

 

3 音数が多いのに、いくらさんの滑舌が良すぎてきれいに聞こえる

2に関係しますが、音数が多いのにも関わらず、イクラさんが難なく歌ってしまうんですよね・・・。この滑舌の良さは圧巻です。普通の人なら舌が絡まりそうですが、それをいともたやすくこなしてしまうところにヨアソビさんの凄さがあると思います。

 

4 物語とのリンクという楽しみがある

ヨアソビさんの特徴の一つですよね。私も曲のもとになった話や漫画を読ませていただきました。まぁこれがすべて現代人に結構グサグサ来るんですよ。どういう基準でその作品を選んでいるのかわかりませんが、もとになっている話もいい作品ばかりです。そして、その曲だけを楽しむだけでなくて、そのもとの作品を堪能することでよりヨアソビさんの世界観にふれることができると思います。

私も群青のもとになったブルーピリオドという漫画を読ませていただきました。うん。漫画も泣けます。おすすめです。

 

5 MVがスタイリッシュ

最近ではyoutubeで多くのミュージシャンのMVが見れるようになりましたよね。これが、すごくスタイリッシュなんですよ。やはり物語が背景にあるせいか、ヨアソビのお二人がガンガン出てくるMVは無いようですが、そのメッセージ性や世界観を楽しむことができると思います。MV自体が一つのストーリーのようで見ていて飽きません。

 

という感じです。

あとこれはほんとに超個人的な意見なのですが、いくらさんの声にあまり変化がない(いい意味で)というのもあると思います。高い声も低い声もほとんど同じトーンで発声し続けられる感じといいましょうか・・・。

 

若い世代はボカロが当たり前の世代です。でもそこにはやはり人間特有のイントネーションが欠けていて、どうしても機械感が拭えません。その音楽にノり、ストレスを発散することはあっても、どこか冷淡な印象を受ける気がします。

しかし、そこにあのイクラさんの声が入るわけです。ボカロに慣れている世代が、ボカロではなく、本物の人間の声でなおかつ超絶技巧の滑舌の良さを兼ね備えているあの声を聞くわけです。

 

そりゃハマりますわ。どんどんヨアソビに沼です。当分の間出てこれそうにありません。

 

 

2021年吹奏楽コンクール課題曲選曲について【課題曲4】

今回は、その曲の良さ、難しい部分を私なりに大まかに説明していきたいと思います。

 

課題曲4 エールマーチ

【良いところ】

・無難にまとめられる

・比較的初心者が多いバンドでもどうにかなりそう

・ダブルリード等特殊な楽器がなくても演奏できる

・打楽器も4人でOK

・練習がしやすい

 

【だめな部分】

・トリオは打楽器がありません。テンポ感のキープが必要です。

・2拍子をどのように表現するかが難しい気がします。

・音色をどのように出していくかが大事です。普通に演奏すると、単色になりそうです。

・立体感、色彩感、音形の統一あたりがいつもどおり鍵になります。

 

こんな感じです。

課題曲で大事なのは

・メロディーを好きになる

課題曲は数曲からしか選べません。嫌いな曲でも受け入れることが大事です。

 

・無難にまとめる

審査員に聞いてもらうには、課題曲で勝負に出て失敗するよりも無難にまとめていい印象を与えることが必要です。

 

・穴がないようにつくる

自由曲よりも先に演奏するのが課題曲です。最初のサウンド感が審査員の印象を決めます。

 

金管を疲れさせない

自由曲での体力を少しでも温存させることも大切です。特に小編成バンドにおけるトランペットは負担が大きくなりすぎないようにしましょう。

 

・奏者だけでも練習ができる

課題曲は奏者だけで練習、演奏できるようにしたほうがより効果的です。自分たち(奏者)の許容量を超えないことも大切です。

 

・技術に無理がない

課題曲で技術的に無理があると、自由曲を選ぶことはできません。どんなにやりたくても技術以上のことはできません。身の丈を知って選曲することも大切です。

 

・調に無理がない。

調には響き方の違いがあるように思います。

 

という感じだと思います。課題曲は数曲からしか選べません。自由曲のようにごまんとある中から選ぶのとはわけが違います。

課題曲は結婚

自由曲は恋愛

です。課題曲は嫌いな部分も全部受け入れてまるごと契約してしまいましょう。

自由曲は、いつでもアンテナをたててサーチをしておくのがいいと思います。

そして好きになったら、即アタックです。

 

指導者駆け出しの頃は、どうしても曲の良さばかりに目が行きがちでした。しかし、どの課題曲でも全国大会に行っていますし、たくさんの応募作品から選ばれた作品ですので、結局自分たちの実力にあった作品を選ぶべきなのだと思います。

 

曲の良さというのは自由曲で勝負をしましょう。

いい曲はたくさんあります。

選ぶポイントは以前の記事をご参照ください。

 

ということで、

吹奏楽コンクール自由曲の選び方③

11 外部の人たちに「どうしてこの曲なの?」と言われて答えられる根拠があるか

理由があるか、しかもその理由が複数あり、自身を持って指揮者が答えられるかどうかです。また、選曲理由を奏者自身もよく理解し、言語化できることも重要です。どれだけ奇抜な選曲であっても、外部の人達に批判される理由はありません。しかし、明確な理由や根拠なしに奇をてらった選曲をしてしまうとただの滑稽にうつり、印象が悪くなっています。

 

12 大事な部分やソロが上級生にくるか(学生バンド)

大変上手な奏者が2年生にいる場合、その生徒を目立つようにしたいという思いは間違いではないですが、相当な強豪でなければ、最上級生にソロをませてしまったほうがいい場合が多いように思います。よくあるのは、最上級生にソロが回ってこず最上級生が自信を失ってしまう。また2年生がソロをやることでその2年生にプレッシャーがのしかかり精神的に潰れてしまう、ということです。双方にとって望ましいのは、上級生が最後のコンクールに向けて頑張る、そして、下級生たちがそのソロを見守り、支え続けることだと思います。

 

13 課題曲との並びがいいか

同じような曲調が続いてしまうと飽きてしまいます。課題曲と自由曲がまるで続きのような団体に今まで何度かあったことがありますが、いずれもめちゃくちゃうまいバンドでした。そういうバンドは自信があるのでしょうし批判の対象にもならないのですが、一般的なバンドは課題曲と自由曲は違うテイストのものを選んだほうがいいと思います。その方が表情も出しやすいですし、なにより同じ音に聞こえません。いわゆる一本調子を防ぐことにも繋がります。

 

14 いいカットがされている演奏があるか

特に指導者として駆け出しの頃はこのことを意識しておきましょう。カットしているにも関わらず、カットしているように聞こえない。そのようなカットは指導者経験が長くないとできません。いまでは、吹奏楽コンクール用にもともと短い作品も数多く出版されていますし、youtube等で確認が容易にできますので、色々なカットを聞いておくのがいいと思います。

 

15 指揮を振る人がその曲の良さを語れるか

やはり最後はこれです。指揮者がその曲の良さをマニアックに語れるかです。その曲に愛があるかとも関係してきます。オタクたちがマニアックに嗜好品について語れるように、その曲について奏者に語れるか、そしてその曲に惚れ込んでいるか。愛があれば指揮も愛に満ちた表現になりますが、思い入れがないとやはり指揮も適当になるものです。奏者も指揮者の愛に敏感です。包み隠さず曲への愛を指揮で表現することで、奏者の曲への愛も深まっていくと思います。

 

いかがでしたでしょうか。自由曲の選び方、私なりの基準でした。毎年、選曲するのは本当に大変ですよね。私も毎年疲れています笑

でも、選曲で6割決まると言っても過言ではありません。選曲で鍛えるべき方向性はガラリと変わります。課題曲、自由曲は長い付き合いになる曲です。慎重にしかし、大胆に自分たちの色が出せる曲を選びたいものです。

今年も皆さん大いに悩みましょう!!

吹奏楽コンクール自由曲の選び方②

7 歌いたくなるメロディーか

これは練習していく上ですごく重要だと思います。何回も練習したくなるメロディーかどうかです。そういうメロディーはやはりオーケストラに多いと思います。奏者がこのメロディーが好きと思えることが大切です。そして、指揮者がこのメロディーが大好きだと奏者に語れることが大事です。

 

8 名演が多い曲か

これは自分の経験から言えることです。特に指導者として駆け出しのときはあえて名演が多い曲をおすすめします。なぜかというと、ゴールが見えやすいからです。駆け出しのころはよく方向性を見失います。でもある程度のゴールがあるとそれを奏者とも共有しやすいですし、自分の心の支えになると思います。

 

9 やってよかったと思える曲か

これは指揮者も奏者もです。特に学生のバンドは、その曲を通して何が得られたのかを検証することが大切だと思います。音楽的な表現をしたいのか、技術を向上させたいのか、サウンド感を良くしたいのか、基本的奏法をマスターさせたいのか、各バンドの技術によって設定をすべきだと思います。コンクールを通して、この曲で成長できたと指揮者も奏者も感じることができたら賞など関係なく、いい曲を選べたのだと思えるはずです。

 

10 自慢のパートを活かせる曲か

どのバンドにも自慢のパートとそうでないパートがあると思います。指揮者の好みだけで曲を決めてしまうとどうしてもパートの偏りができてしまいます。奏者というのは、意外に(特に学生のバンドは)奏者同士の実力をわかり合っています。「なぜ、あのパートではなく、このパートが目立つ曲を指揮者が選んだのか」という疑問が湧いてしまうと奏者同士もぎくしゃくしてしまいます。(特に学生バンド)

 

③に続く・・・。

 

11 外部の人たちに「どうしてこの曲なの?」と言われて答えられる根拠があるか

12 大事な部分やソロが上級生にくるか

13 課題曲との並びがいいか

14 いいカットがされている演奏があるか

15 指揮を振る人がその曲の良さを語れるか

吹奏楽コンクール自由曲の選び方①

私が考える吹奏楽コンクール自由曲の選び方について書いていきたいと思います。

 

Ⅰ 下準備編

 

1 自分たちの実力を把握する

何曲か演奏してみて、自分たちの実力を把握しておきましょう。自分たちのグレードにおよその見当をつけておくと後で、選曲が楽になります。

 

2 ソロを取れる人が何人いて、どの楽器なのか把握する

事前にソロコンテストなどをやっておくとスムーズです。奏者もあのひとならソロを任せられるという気持ちになります。逆に、どうしてあの楽器のソロのある曲を選んだのだろうと奏者に思われてしまったら、曲を完成させていく上でも大変になってきます。

 

3 今ある打楽器を把握しておく

意外に落とし穴なのが打楽器です。やりたいのに特殊な打楽器がなかったり、ハープがないのに必要な曲を選んでしまったり・・・。今、どんな打楽器があるのかを把握しておくと後で、便利です。

 

Ⅱ 実際に選ぶ編

1 オリジナルで行くのかアレンジで行くのか

木管がうまいなら、アレンジでもいいと思います。金管、打楽器を目立たせたいならオリジナルのほうが活躍の場があります。アレンジはダブルリードがうまいと一気に可能性が広がります。自分の感覚ですが、アレンジをやりたいならコントラバスはできるだけあったほうがいいと思います。

 

2 無理のない調か

吹奏楽の場合やはり、フラット系の調がなりやすいです。逆にオケで使われるような調はなかなかなりません。仕方ないです。初心者が多い団体は吹奏楽でよく使われる調で書かれたものをおすすめします。

 

3 音域は大丈夫か、最後までもつか(特にトランペット)

金管楽器はスタミナ問題があります。特にトランペットは重要です。課題曲から吹きっぱなしで、更に自由曲でも高音が続くとさすがにバテてきます。トランペットは考慮しましょう。彼らの実力不足ではありません。最後の決め所で決められなかったら奏者もかわいそうです。

 

4 最近の吹奏楽の流行に逆行していないか

古くていい曲をやるのはとてもいいことなのですが、古い音源を参考にしすぎるのは問題だと思います。いくら指揮者がそれを好んでも、審査員が納得してくれません。最近のサウンド感と昔のサウンド感は全く違います。曲を選ぶ際にも、吹奏楽のトレンド(特にサウンド感)にあっているかどうかは考えるべきだと思います。

 

5 長い間やっていて飽きないか

夏を賭ける自由曲ですが、やはり慣れてくると飽きが出てきます。飽きは諦めに繋がり、それ以上を求めることをしなくなってしまします。指揮者も奏者も飽きがこないような曲を選ぶべきでしょう。オリジナルでもアレンジでも、飽きのこない名曲がたくさんあります。

 

6 変化に富んだ音色を出せるか

審査されるうえで、色彩感、立体感、音色感は必須です。特に音色の表情は大変重要で、変化に富む音色は聴衆を飽きさせません。そもそも曲の中にこの音色の変化を効率出させてくれるものがあると、自然と音色感がだせるわけです。

 

後編に続く・・・

 

7 歌いたくなるメロディーか

8 名演が多い曲か

9 やってよかったと思える曲か

10 自慢のパートを活かせる曲か

11 外部の人たちに「どうしてこの曲なの?」と言われて答えられる根拠があるか

12 大事な部分やソロが上級生にくるか

13 課題曲との並びがいいか

14 いいカットがされている演奏があるか

15 指揮を振る人がその曲の良さを語れるか

 

どうしたら幸せになれるか 私の考える21のこと

1 ミニマリストになる

2 なるべく働かない

3 自分の適性を知る

4 自分が何に幸せを感じているかを知る

5 仕事以外の経験に重きを置く

6 人間関係は最小限にする

7 競争することをやめる

8 他人を責めることをやめる

9 何にどのくらいのお金を使っているのか把握する

10 得意な発信の仕方を見つける

11 お墓参りにいく

12 体にいいものを摂取する

13 ストレスになるものを感じたら距離を置く

14 何も考えないで感じるだけの日を作る

15 アリとキリギリスのキリギリスの価値観も大切にする

16 うさぎとかめのうさぎも結局はゴールできることにきづく

17 自分に似合う服を着る

18 自分が素敵だと思うことを素直に受け入れる

19 引っ越す

20 体を鍛える。

21 寝る

 

生きることには必ず苦しみが伴う。だからこそ幸せに生きたいと誰もが思う。

自給自足ができているなら特にストレスもなく自分の思うままに生きていけたのかもしれない。

でも今の社会でそれはなかなか難しい。

 

最近、アリとキリギリスを読んで「なんで私はアリを素晴らしいと感じるんだろう」と自分に疑問を持ってしまった。

キリギリスはサボっていたからダメなのだろうか。

 

人はいつ死ぬかわからない。今後に備えることも大切なことはわかっている。

でも、今を楽しんでいたキリギリスを誰も責めることはできないのでは?

 

日本はキリギリスを助ける制度はたくさんあるように思う。失業保険、生活保護も。

でも、一生懸命働いたアリに対する保障は薄い気がする。

 

「自分で自発的に働いていたんだから、保障されない」ではあまりにアリが不憫である。

私はアリにはなりたくない。みんなから称賛されるアリよりも、今を自由に生きるキリギリスになりたい。そう思った。

Pixel4aを2ヶ月使ってみての正直な感想

Pixel4aを2ヶ月使ってみました。

まず、めちゃくちゃ使いやすいです。

 

自分のようなライトユーザーには最適解なのではないでしょうか。

 

【良かった点】

・安い 

・写真が本当に綺麗

指紋認証が裏側についているのも慣れれば使いやすい

・画面が綺麗

Googleの機能が使いやすい

 

悪い点は・・・特にない気がします。

 

きっとヘビーユーザーだったり、動画編集する人だったりについては、もっと性能のいいものを求めるのだと思いますが

 

自分みたいに

・電話はするよ

・LINEもしたいな

・ようつべ鑑賞

音楽配信で音楽鑑賞する

・カメラ時々使うな

カップ麺のタイマーほしい

・ちょっと電卓

・ちょっとGoogleの機能使わせて

・まだ有線ヘッドフォン使いたい

Appleさんの機種高すぎませんか

 

みたいな人にとっては十分すぎる機能を有していると思います。

 

スマホってどんどん機能が追加されていると思いますが、多くの人が使いこなせていないと思います。

だからこそ、自分にあったスマホを選ぶことが重要ですよね。

 

平均4年に一回買い換えるらしいスマホ業界。

もし、ずっとハイエンドのスマホを買い続けるとなると、

自分の場合、余生があと50年ほどあるとして、

12回から〜13回スマホを買い換えることとなりそうです。

もし、10万のスマホを12回買い替えたら

120万!!!結構な額ですね。

 

逆に今回のようにミドルレンジだと

60万ほど。

 

価格競争が起こり、さらに価格が低くなることを願うばかりです。

お金をかけないで幸せに暮らすことが一番ですね。